アベンヌの化粧品容器

ご存知フランスはアベンヌのコスメを長年愛用しています。とは言っても、もう30代になってしまって、アベンヌの乳液では保湿を十分に確保できないため、乳液だけは別のコスメメーカーのものを使っているのですが、しかし化粧水に関しては今でも変わらずに、アベンヌの化粧水を使っていますね。

まず、スプレータイプの化粧水ボトルという手軽さも、長年愛用している理由ではあるのですが、それと同じぐらいにアベンヌのパッケージ/化粧品容器の良さも長年愛用し続けている理由ではありますね。

なんせアベンヌの化粧水ボトルは主張し過ぎていないところが、10代から愛用し続けている理由なのかも知れません。そりゃあ高校生の頃は、やっぱりコスメの化粧品容器が購入するポイントだったりしていました。

ですから、とくに香水に関してはニオイはともかくボトルで選んだりもしていましたね。他にはファンデーョンのコンパクトのデザインも購入の決め手であったりしましたので。

そしてもっと言えば10代の頃なんて、よっぽどの敏感肌でない限り、どのような化粧品をのせてもあまり効果の違いはありませんからね。ですからこそ、購入の決め手がコスメの容器が決めてだったりしたのです。

そしてその中でも、何度か浮気はしたもののやっぱりアベンヌに落ち着くのです。まず白地ベースのパッケージが良いのかも知れませんね。そして英字というポイントも。

私は旅行用にはミニボトルを持って行っているのですが、どこに置いても主張しすぎず、そしてオバハン度合いが強くなりすぎない、つまりはオシャレ感もあるアベンヌのボトルパッケージは気に入っています。

https://www.glasel.jp/gallery/makeup
*化粧品容器のデザインならグラセルがいいですよ。